コラーゲンは大きく分けて「動物性」と「海洋性」の2種類があります。

牛や豚・鶏等の骨や皮から抽出できる「動物性コラーゲン」と、魚のウロコや骨・皮が原料になっている海洋性のコラーゲンである「フィッシュコラーゲン」の二種類に分けられます。動物性コラーゲンは消化が遅く体内に取り込まれるまで時間が掛かります。 海洋性コラーゲン(フィッシュコラーゲン)は体内への吸収力に優れて安全性の高いコラーゲンとして現在注目されているコラーゲンです。

海洋性コラーゲン(フィッシュコラーゲン)にも色々な種類がある。

海洋性コラーゲンと一口に言っても、淡水魚から海水魚、深海魚まで幅広く使われています。また、魚の骨や皮のみを使用しているものから、ウロコのみを使用しているものまで様々で、原料の価格もピンからキリまであります。魚の骨や皮からコラーゲンを抽出したフィッシュコラーゲンは、骨や皮を原料とするため、脂質の混入が考えられ、またその除去方法が複雑になってしまいます。さらに、魚の骨や皮からコラーゲンを抽出したフィッシュコラーゲンは高分子状態で抽出されるので、消化吸収が悪く、塗布用には良いのですが、飲用には不向きであると言われています。魚のウロコからコラーゲンを抽出したフィッシュコラーゲン(スカールコラーゲンとも呼ばれている)は、 コラーゲン独自のアミノ酸であるヒドロキシプロリン量が少ないという独自のアミノ酸組成により、変性温度も低いため、コラーゲン腺維が人間の体温以下でもほどけやすく消化吸収されやすいことが明らかになっています。

変性温度と人間の体温の比較
フィッシュ(ウロコ) 動物性 フィッシュ(魚皮) 人の体温
8.5度 40.1度 30.3度 37度
※上記の温度より高くならないとコラーゲン繊維は分解できない。

海洋性コラーゲンというと、淡水魚『テラピア(日本名:イズミダイ・養殖が容易な魚)』を使用したものが多く見られますが、海水魚(鯛由来)のほうが品質が高いことが明らかになっています。鯛由来のコラーゲンの良さは、品質の良さ、脂肪分がゼロ、臭いがないなどの利点があります。良いコラーゲンは、良質な魚から作られるのです。

■使用している原料や抽出方法等によりグレードが決まります。

 海洋性コラーゲン(フィッシュコラーゲン)のグレード
最上級 海水魚(鯛由来のウロコのみを原料にしたコラーゲンペプチド)
上級 淡水魚(テラピア等のウロコのみを原料にしたコラーゲンペプチド)
汎用品 淡水魚(テラピア等のウロコ、皮等を混ぜたものを原料にしたコラーゲンペプチド)
汎用品 淡水魚(キャットフィッシュ: 食用なまずの皮などを原料にしたコラーゲンペプチド)

ハイグレードなコラーゲンとは

●海洋性コラーゲン(フィッシュコラーゲン)であること。
●海水魚(鯛由来)を使用したもの
●海水魚(鯛由来)のウロコからコラーゲンを抽出したもの
●国産一流メーカーのもの

鯛のウロコからつくられた最上級のコラーゲン
『フィッシュコラーゲン顆粒』はこちら