現代人はコラーゲンの摂取量が減ってきています!

古代から人間は肉や魚などの食品からコラーゲンを摂取してきました。それらを食すことでそれなりにコラーゲンを摂取することができていました。コラーゲンは動物の骨や皮、内臓などに多く含まれていますが、食生活、嗜好の変化や加工食品が発達した現代は、それを余分なものとして捨てるようになり、美味しい身だけを食べるようになりました。また、コラーゲンを多く含む食物は、同時に脂肪分も多く含むものが多く、 健康や美容を気にする現代人は避ける傾向が強くなっています。その結果、私たちのコラーゲン摂取量が減ってきているようです。不足しがちなコラーゲン、美容と健康維持のためにも、健康食品などによって、積極的にコラーゲンを食生活の中に摂り入れていきましょう。


鯛のウロコからつくられた最上級のコラーゲン
『フィッシュコラーゲン顆粒』はこちら